2010年6月号のクレイモア

  • 2011/01/29(土) 21:00:46

こんばんは、サトーです。

久しぶりの更新になりましたが、僕は元気です。
社会人サトーは更新する時間があまりなくて…
お休みの日はグデグデしたいし。



……

ま、本当はDQM2をやる時間を確保したかっただけなんですけどね^^



今月の表紙は迷い猫オーバーラン!です。
アニメも始まり、勢いに乗ってる作品ですね。
最近、放置しすぎてアクセス数も減ってきたし、
ここらで新規読者を開拓するために今月からクレイモアレビューはお休みして、
迷い猫オーバーラン!レビューを始めたいと思います!!!!



あら、かわいい!



……

ここまでは2010年5月のサトーがお送りしました。

そうさ!
ふざけてブログ読者を釣ろうとしたら、
行き詰ってグダグダになってしまったのさ!

ということで、
ここからは2011年1月のサトーがクレイモアレビューを再開します!

〜前回までのあらすじ〜
プリシラ(全裸)からクレアを逃がすために断片の特性を利用して、
応戦するヘレンさんとデネヴであったがわずかな足止めにもならない。
デネヴは仲間を逃がすために一人プリシラに立ち向かおうとしたとき、
思わぬ攻撃がプリシラを襲う…!
自ら望んでそうなったのか、侵食されることで
復讐する力を得たダフの猛攻がプリシラを襲う!
その戦闘の最中、ついにプリシラの覚醒体が解放されるのであった…

ここから2010年6月号のクレイモアにブログで介入していこうと思います。

デ「今のうちだ、いくぞヘレン!」

ヘ「おいちょっと待てよ。逃げるってそっちの方向は…」

デ「生き残る道がないなら、地獄の中から命をつかみとる!」


デネヴが向かう方向にはルシラファ融合体!
デネヴの意図は一体…!?
自棄になったって助かりはしないぞ!

そのころ、プリシラVSダフは…



パンチしたダフの腕が吹っ飛ぶ!
プリシラが得意とする触手を使った内部破壊です。
この攻撃は非常に厄介だ。
これで両腕がなくなってしまったダフは…



「ギ…ギヒャヒャ」


こんな風に断片覚醒者の顔つきの腕を再生!
再生というより、
背中に刺さった断片がそのまま腕の部分に移動してきた感じです。

プ「なによそれ、随分悪趣味ね」


プリシラが圧勝するだろうと思われましたが、
なんとダフが優勢!
復讐に燃える?ダフは意外と強かった。

ヘ「おいデネヴ!あのでかい奴の方が押してるぞ!
このままあいつを倒してくれるんじゃねーのか!」

デ「いや無理だ。
奴は根本的に何かが違うんだ!どういう展開になろうが結果は同じ、
そこに至るかの時間が早いか遅いかの違いだけだ」




……



プ「あいつをもう一度殺せる」


結果は同じでした。

プリシラはこの回で記憶を取り戻しましたが…
取り戻す前からしてクレアのことを殺そうとしていたので、
結果はあまり変わらないような気がしますね。
まあ、それは置いといて…
ダフをやっつけたことで、次はクレアたちに矛先が向きます。
この危機を一体どう切り抜けるのだろうか…(白々しい)。

7月号に続く

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/13(土) 21:19:00

この記事に対するコメント

あ,更新されてる!

サトーさん,こんにちは。
今回のエピソードに限らずプリシラの異常な強さが前面出ている“CLAYMORE”
ですね。
このプリシラの圧倒的は強さはいったいナンなんでしょうか?
彼女がなぜか記憶を失っていたために何を思い何を成そうとしているのかが
曖昧でありまして,カタキ役キャラとしてのインパクトを物足りないモノに
している気が致します。
テレサ以上に強くなる可能性を持っていた組織の戦士というだけでなく,
なにか他にまだ語られていない事情が彼女にはあるのかもしれません。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する