2010年3月号クレイモア

  • 2010/02/03(水) 11:06:58

こんニッチは、サトーです。

今日はジャンプSQが買える日だったので、朝一で買おうと思っていましたが…
外が寒すぎて布団から出られませんでしたw
なので、8時ごろ買ってきました。



今月の表紙は紅ですね。サトーは読んでないので詳しいことはわかりません。
が、アニメ化されるそうです。
そして、今月はCLAYMORE連載100回ということで巻頭カラーです!!
画像では左半分ですが、右半分にはクレア、ヘレンさん、デネヴを描かれています。



ハガキで応募すると100名様にこの絵のポスターが貰えるそうです。
欲しいです。

〜前回のおさらい〜

アリシアとベスを倒したプリシラの次の標的は西の深淵リフルだった。
リフルはアリシアとの戦いで妖気を使い果たしおり、プリシラにあっけなく殺されてしまう。
そして、プリシラの次の標的はプリシラが長年追い求めていた、
匂いの先のクレアであった…!

ハイ、ということで先月はついにプリシラとクレアが激突する!
今月は一体どうなるのでしょうか!?
ということで、今月のクレイモアにブログ介入していきたいと思います。

デ「な…なんだ…なんだあいつは…?
なんでこんな中を普通に歩いてられるんだ…」


ルシラファの断片射出が飛び交う中、デネヴとヘレンさんは身動きがとれません。
この射出はある程度妖気読みに長けていないと難しいみたいです。

ク「プリ…シラ…」


ビキビキビキ…
そしてついに因縁の二人が対峙した…!

プ「お腹がすいたわ。
何年もの間…ずっと…ずっと、ずっと、ずっと我慢してきたのよ、あたし…
微かな匂いを頼りに…ようやくここまで辿り着いて…」


デ「なんだ…何を言っているんだ、あいつ…」

プ「それで…」




プ「あなた…誰…?」


アニメのようにクレアをテレサと勘違いしているというわけではないんですね。
しかし、クレアにとってはテレサの仇!我を忘れて斬りかかりますっ



ヘ「な!?」 デ「クレア!」


ちなみにこの絵ではパンツが見えていますが、
これは見えてもいいパンツなので恥ずかしくないのです。




ク「が が が がああ!!!」


クレアの気迫の連撃にプリシラは表情一つ変えずに対応
そして足蹴



プ「正体もわからないまま…勝手に死ぬのはやめてくれる?」

ク「ぐ…が…がっ…!」 ヘ「くそ!」


即殺を得意としているプリシラですが、匂いの先のクレアは簡単には殺さないみたいです。
そんな中、ルシラファの射出がプリシラに直撃コースで飛んできますが、
プリシラは飛んできた断片を片手で受け止めて内部から破壊して粉砕!
圧倒的な力を見せ付けます。

デ「馬鹿な…あいつ…片手だけであれをバラバラにしたぞ!」

ヘ「く…」

デ「動くなヘレン!私たちではこの中をかいくぐって向こうへ行く事すら不可能だ!」

ヘ「ち…あのバカ…今度は一体何をとち狂いやがったんだ」

デ「しかしなんだあれは…今まで出会ったどれとも次元が違うぞ…」

プ「おかしいわね…匂いの元は確かにあなたなのに…
あなたを見ても何一つ思い出せないわ…誰なのよあなたは…
あなたを見つければ失った記憶を取り戻せると思ってたのに…
それなのに何よこれ
あたしは何のために今まであなたを捜し求めてきたのよ…」


プリシラの思っている事はRPGで行き詰まったときの僕とよく似ています。

プ「そうね…ここからやれる選択肢なんてそれほど多くないわ
あなたをこの手で殺せば…少しくらい何かを思い出せたりするのかしら…?」


クレアピンチなその時!



伸縮キター!
クレイモアの戦士の中で遠距離攻撃できるのはヘレンさんただ一人!
この技こそヘレンさんのアイデンティティなのであるっ
ちなみにクレアはこの隙にプリシラから解放されました。

プ「ふん」 ヘ「やべ…」


しかし、剣を避けられると伸びた腕はたちまち弱点に変わり…
断片のように内部から破壊されようとしますが、



ク「があああああ!!」


クレアがプリシラの右腕を切断!
ヒヤヒヤしたぜ…

ク「がああ!」 デ「クレア!」 プ「ち」


クレアがさらに攻撃を加えようとしますが、ここはまた足蹴にされていまいました。
プリシラはちょっと触っただけでアリシアの首を落とせるくらいの力なので、
この蹴りというのは結構堪えるのです。

ク「が!がはっ!が…がは!」


クレアが苦しんでいるとこで、プリシラは腕を即再生
しかしクレアのダメージは想像をはるかに超えていました。



あの一瞬に一体なにが!?
左腕の機能が完全に殺されています。わき腹は蹴られたときに吹っ飛んだ?
プリシラは殺さないように動きを止めようという魂胆みたいです。

デ「クレア、まて!無理だそいつは!次元が違う!
一旦退け!とにかくこの場から離れるんだ!」


ク「もうすぐラファエラとルシエラからの射出が終わる。
その瞬間に二人でここからできるだけ遠くに離れてくれ…
ミリアたちと再び会って共に組織を潰すつもりでいたが…
どうやらそれはかないそうにない…」

デ「クレア…お前何を言って…」

ク「すまない…私は人を捨てる」

デ「!!」 ヘ「な…?」


ここまで力の差があると、クレアに残された手段は人を捨てること…
すなわち「覚醒」すること…!

ヘ「馬鹿な…何を言っているんだ!そんな事許されると思ってんのか!
そうだ、あのガキはどうすんだよ!あいつ捜すために、この西まで来たんじゃねーのかよ!」

ク「………ラキに会いたかったのは無事でいる事の確認と別れを言うためだ…
今、間の前にいるこいつと会ったら初めから私はこうするつもりでいた…」


このしばしの沈黙がラキがクレアの中で大きな存在であることを示していますね。

ク「私が生きてきた理由は…ただこいつを殺すためなんだ」

デ「………」 ヘ「な…」


そう言うと、クレアは妖気を解放した

デ「あ…あいつ…クレアの奴…あの時の…ピエタの時のあれをやるつもりだ」


ビキビキビキ…ボコボコボコ

ク「射出は終わった。いけ、ヘレン、デネヴ」 デ「クレア!」

プ「何よそれ…」




ク「がああああぁぁっ!!!!」


四肢覚醒+超高速剣の連続攻撃、クレアは自分のできる精一杯のことをしますが…



ク「な…?」 ヘ・デ「クレア!」


クレアは突然、元の姿に戻ってしまう…!
これは一体!? 

プ「何よそれ…あなた…覚醒なんてできないじゃない」


プリシラの意味深な一言で今月は終わりです。

今月はいよいよ、プリシラVSクレアの幕開けでしたがやはり力の差は歴然!
むしろ、殺さないようにプリシラは手を抜いていました。
クレアが四肢覚醒しようともプリシラには敵わなかったでしょう…
が!クレアが四肢覚醒状態から一瞬で元の姿に!
プリシラが攻撃したんじゃね?とも思われますが、煽り文句によるとそうではないみたいです。

「思わぬ異変」「覚醒できない」

ここから言えること、それは…
クレイモアのゲーム「CLAMORE 銀眼の魔女」でテレサが使えるんですが、
テレサは妖力解放ゲージを100%にしても覚醒しないで戦うことができるんです。
テレサは覚醒しない。つまり、クレアも同様に覚醒できない可能性が!
でも、クレア自身何度も覚醒しかけたので、これはナシかなw

次にクレアの精神的な問題です。
四肢覚醒はそのまま覚醒するか、また人に戻れるかの瀬戸際を綱渡りするようなものです。
クレアは「人を捨てる」なんて言っていましたが、
仲間たちと組織を潰すという新たな目標、
ラキに再び会うという約束がストップをかけているのでは?
そして、プリシラを殺すということがいかに非現実的なことであるか、
クレア自身わかっているのでは…
そんな、あやふやな精神状態のまま四肢覚醒なんてのはできない!
ってことが今回の異変の原因なんじゃないかな、と予想。

リガルドのときは、北の戦乱を生き抜かなければ、
ラキに再び会えない、テレサの仇をとれないという明確な目標があったのでしょう。

4月号に続く

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/28(月) 03:06:42

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/28(月) 03:17:25

この記事に対するコメント

ありがとうございます!

いつも楽しみに拝見しています。
コミックス派なんですが、気になって。。。
一足先にチェックできて嬉しいです。
遅れましたが、HAPPY BIRTHDAY!

こちらこそ!

ししまるさん、初めまして!
そう言ってもらえると嬉しいです。コメントもありがとうございます!
クレイモアのコミックスは半年に一冊なので待てないですよねw

まさか、誕生日祝いの言葉までいただけるとは!!
ありがとうございます!

はじめまして

一年以上前からクレイモアの感想を読ませていただいていて、
いまさら初コメントですw
22歳おめでとうございます!
平成元年生まれの方だったんですね。私は平成になるちょっと前です。

ついにプリシラ対クレアが始まりましたね。
以前、ラファエラがクレアに対して「間違っている」みたいなこと
言ってませんでしたっけ?今回の戦闘のカギになるんでしょうか。
ところで連載史上もっともシリアスなこの戦いの始まりにパ○ツを
持ってくるとは、八木先生覚醒しちゃったんでしょうかw?

初めまして!

おりがみさん、初めまして!
一年以上前から読んでいてくれたとは嬉しいです!ありがとうございます!
それに誕生日のお祝いまで頂けるとは…ブログに誕生日記事載せて良かった!!
あ、それと僕は平成元年生まれじゃなくて昭和63年生まれですよ。
僕も昭和という時代を生きた古の人間なのです。
ということは、ほぼ同世代!

「大きな間違い」の件ですが、
「大きな間違い」が今回のクレアの異変と関係している可能性があるかもしれません。
僕は以前に「大きな間違い」の考察をしたことがあるのですが、
そこでは「テレサは復讐なんて望んでいない」ということでまとめました。
ラファエラとテレサが面識があることから、テレサ関連で考えたんですが、
あんまりストーリーと関係ないかも…って最近思ってます。

「大きな間違い」は、「半覚醒」や「四肢覚醒」なんかの見解の違いなのかもしれませんね。
それだと今回の異変と繋がりますが、なんでラファエラでそんなこと知ってんねん!
ってことになるんだよなぁ…。来月号で判明するといいですね。

八木先生は始まりの覚醒者なのでいいんです^^

初めてコメント

井坂です。何度かサトーの記事、読ませていただきましたが、始めてコメントさせていただきます。
私は、もうすぐ22歳になるんですが、サトーさんとは同い年になりますね。

ラファエラの言う「大きな間違い」が何なのかを、考えていたんですが、私はテレサの死に関することだと考えています。
もしかしたら、ネタバレなるかもしれないんで、詳しいことは言えないんですが、「大きな間違い」に関わっている人物は、ローズマリー、プリシラ、イレーネ、オフィーリア、ミリア、ルシエラ、そして、組織(?)の黒服1人、クレア、テレサ、ラファエラの計10人です。

私は、テレサがクレアと出会ってから死ぬまでの話が好きなんです。その話を何度も見ている内に、あることに気づきました。
最初は、半信半疑でしたが、ラファエラの「大きな間違い」発言で、「やっぱりこれ合ってる」と思うようになりました。

クレアとプリシラが出会った時に、「大きな間違い」が何なのかが、明らかになると考えていたんですが、まだ、先になりそうです。

「大きな間違い」が明かされる時が、楽しみです。

失礼しました!

「大きな間違い」をしていたのは私のようで。
生まれた年は1歳だといつも勘違いしてしまうんですよね。
生まれた年は0歳ですよね。
すいませんでした。m(*__ __)m
ほぼ同世代ということでよろしくお願いします。

クレイモアのほうの「大きな間違い」ですが、クレアは本当はテレサの特殊能力(妖気の流れを読む)だけでなく、あの桁外れの戦闘能力?も発揮できるにもかかわらず、それに気付かず自力で「半覚醒」や「四肢覚醒」して頑張ってしまっているところが「間違い」なのかなと以前考えましたがよくわかりませんね。
確かにテレサは復讐は望んでなさそうですし。
そして井坂さんのコメントも興味深いですね。今度調べよう。

ところで、ガラテア様に再登場してもらいたい私としては、最後のクレアが四肢覚醒状態から元に戻ってしまったのは、ガラテア様が戻したのだと妄想していますw。

相変わらず遅いですが・・・

毎度レヴューお疲れ様です。そして毎度遅めのレスです。
今月も毎月のごとくいつものローソ・・・といいたいところですが、100話記念ということで書店でJSQ購入してきました。
美麗ポスター応募するぞぉ!

さて本編についてですが、予想通りの激闘になりましたね。
で、プリシラには一瞬は勝ったと思ったものの、やはりダメでしたね。
と言うよりクレアが自壊したとでも言うところでしょうか。
ひょっとするとプリシラには敵わないとテレサの血肉が勝手に反応したのかもしれませんね。

あと、コレは真髄をついているのではと思ったのがクレアの発言です。
わざわざ大コマを取って物発言「人を捨てる」と「初めからそうするつもりだった」。
ひょっとするとコレがラファエラの言っていた間違いでは無いかと思います。
テレサも一度クレアと別れたときにも言っていますし・・・。

と無能な私にしては深入りして見ましたが、今後も目が話せない状態ですね。

>井坂さん

井坂さん、初めまして。
コメントどうもありがとうございます!

僕はアニメでテレサ編を見てクレイモアにハマったので、僕もテレサ編のお話が大好きです。
まさか、テレサ編に秘密が隠されているとは…僕も何度も読んでみようかな。
特に気になったのはローズマリーが関っているということなんですが、
ただのサイドストーリーのヤラレ役だと思ってましたw
その辺りも含めてしっかり読み直してみます、ハイ。

>おりがみさん

いえいえ、昭和〜平成の間はゴチャゴチャしててわかり辛いんですよね。

確かミリア姉さんが初めてクレアを見たとき、
「最強の者を目の前にしているかのような…」というセリフがあるので、
クレアはまだまだ純粋なパワーアップがありそうですよね。

そういえば、ガラテアの妖力操作で引っ張った可能性もありますね〜
というか、ミリア姉さんたちはしばらく出番がありませんね…

>だだちよさん

今月号は購入しましたか!
僕も美麗ポスター応募したいんですが、
これ応募券を切ると裏のページのクレイモア本編まで切れちゃうんですよね…
なんてこったい!

あのクレアの異変は本当に謎ですよね〜
ガラテアの妖力操作、テレサが反応とかその他諸々
プリシラの「覚醒できないじゃない」ってセリフも関係あるんですかね。

(。・ω・。)

(´・ω・`)ノ こんばんは
また来てしまいました(笑

自分は単行本派なので最新が出るとついつい
サトさんのレビューを見に来てしまいます…スミマセンネ(ノ∀`*)

今月号はあまり進展が無かったようですね…
しかし先月の予想通りの展開…
そしてなんというルシラファの空気っぷり(´・ω・`)

今月号のクレアさんはほいほい四肢覚醒したけれど
早速、解除して(されて?)しまいましたね。
原因は何なのか…?
プリシラの発言から考えて見ると、「今は覚醒できない状態である」なのか、
「元から覚醒できない」なのか判断が付きませんが…
なんとなく、ラボナで暴走が半覚醒に留まったことも必然だったのかも…などと考えてしまいました。

さて、井坂さんのコメントを読んでいて思ったのですが、自分も確かに疑問に思っていたことがあります。
ローズマリー戦で、彼女の死に際に「化け物め」と言われたテレサが「化け物はお互い様だ」と答えているところを見て、ふと「?」と思いました。
「戦士の中でもずば抜けて戦闘力が高い」自分のことを、
「覚醒したお前と似たようなものさ」という意味で言ったのかもしれませんが…
何かこの問答に違和感を感じていました。
そういえば、人としての誇りと意思を持とうとする戦士たちが多い中、
テレサはそういった点、自身を否定的に見ているようなところがありました。
生い立ちのせいなのか…もしかすると、自分を否定的に見てしまう何かがあるのだろうか…?などと思っていました。

そこで、今月サトさんレビューの
>テレサは妖力解放ゲージを100%にしても覚醒しないで戦うことができるんです
を見て、もしかするとテレサは「覚醒しない」「覚醒できない」ではなく、
「元から覚醒?していたのではないか」となんとなく思ってしまいました。
つまり、テレサは自分の妖力を100%出しても「人としての意識を失わず」に
覚醒者のように?戦うことができる…
まさしく強さだけでなく存在自体が特殊な存在であったのではないかと。
そのせいでテレサは自分を化け物のように思っていたのではないかなぁと考えてしまいました。

オフィーリアが一度、クレアの血を舐めた時に「変な味、本当に私たちの仲間なの?」と言っていますが、あれは「特殊体(妖魔とは違う)を身体に宿していたため」ではなかったのでしょうか…

おっと、長文になりすぎちゃった(´・ω・`。)
ヾ(`・ω| 失礼!
    ミ| サッ

Σ(。・ω・。)アッ

最後のオフィーリアのところ…
クレア自体が既に「戦士(半妖魔)の血肉」を身に宿した特殊体ってことですけど、
なんというか深淵食いのように「覚醒者の血肉」を身に宿した戦士
というのに近いんじゃないかって意味です(´∀`A;)

なんだか意味不明…言葉ってムズカシイ。

(・ω・)ノ"ところでお誕生日おめでとうございます。
ぞろ目はとても縁起が良いとも聞きます。良い年になりますように。

おっと、そういえばσ(´・ω・` )も2月に誕生日…もう歳とりたくないけど…忘れてた…

ヾ(・ω・)ノ それじゃっ!

クレアの四肢覚醒は、リガルドを倒すためだけに形成されたもの。
 ・リガルドよりも速く動くための足
 ・そのスピードを制御するための左腕
 ・リガルドを切り裂くための右腕
これらは、クレアの本来の覚醒体ではないのでは?
だから覚醒が解除されたのではないかと思います。

  • 投稿者: okamu
  • URL
  • 2010/02/07(日) 21:47:08
  • [編集]

:>(´・ω・`)さん

すみません、お腹下してコメ返しが遅れました…

(´・ω・`)さん、こんにちは!
僕もローズマリーのとこの話を読み返してみたんですが、
ローズマリーの腕をくいっとねじ切るテレサに今のプリシラの無双っぷりに似たものを感じました。
確かにテレサは他の戦士に比べてあまりに突出しすぎですよね。
暴走したプリシラの妖気を10%程度の妖力解放で上回るってのもなんとなく引っかかりました。
で、「テレサは元々覚醒していた」というのは僕も一瞬考えたんですが、
それだとクレアが深淵喰いになっちゃうんですよね。
となると、テレサ自体が既に特殊体だった…という結論になりますね。
オフィーリアの血の味の件も納得ですね。

誕生日祝いありがとうございます!
ぞろ目は縁起がいいんですね、なんだかやる気が出てきました(´・ω・`)
(´・ω・`)さんも2月にお誕生日なんですね、おめでとうございます!!

>okamuさん

すみません、腹を下しまして…コメ返しが遅れました。
okamuさん、毎度コメントありがとうございます!

なるほど、四肢覚醒はリガルドを倒すことだけに特化した特別な姿という考え方ですか。
確かにクレアが速く動きたくても、覚醒体が鈍足巨漢のパワー系じゃ困りますしね…
まさに、獅子(リガルド)を倒すためだけの覚醒ですね、四肢だけに…。

あっ…

今、リガルド戦を読み返してみたんですが、リガルドのセリフにも
「私を倒すという一点のみに集約した四肢の完全覚醒か」
とありますね。

コメントで皆さんからたくさんの今回の異変の予想、考えをお聞きしましたが、
どれもありそうで難しいですね。この中に当たりがあればいいなぁ
来月が楽しみですね。

サトーさん、今晩は。

第100回はとうとうクレアがプリシラと対決することになりましたが、
ルシエラ&ラファエラの融合体は依然として無傷の状態でありまして
本当の地獄はまだまだ続きそうであります。
思うに融合体(深淵プラス戦士)の射出物に寄生されたべスやその姉アリシアは
覚醒者プラス人間の深淵喰い以上と思われましたが退場を余儀なくされ
ヒロインは仇の前に大ピンチ。この場に割って入れるのはラキしかいないような
気がしますがそれもかないません。いやァ、全く以って展開が読めませんネ。
ところで、さきの2月22日ですがとうとうTVアニメCLAYMOREの米国盤Blu-ray
コンプリート・セットを入手いたしました。うれしくてたまりません。
さて、これであとはいよいよアニメ第2期でも作ってくれるとありがたいので
ありますが。
とりあえずネット上にてアニメ第2期を作ってもらおうということで署名
の募集が署名TVというトコロでおこなわれております。
海外のファンが意外と熱心ですよ。

>snowmanさん

snowmanさん、こんばんは!

署名TV覗いてみました。
まさか、1万人以上の人たちの署名が集まっているとは…!
署名は海外のほうが多いくらいですね。
アニメの第2期作って欲しいですけど、まずは原作が無事完結しないことには!

というか、もう2月も終わりなのでもうすぐジャンプSQ4月号発売ですね!
クレアの四肢覚醒解除の謎が明かされるのでしょうか…?
一体どんな謎が隠されているのか、そして、皆さんの予想は当たるのか!?
楽しみです ^^

アニメ、楽しみ

先程、署名TVで署名してきました。署名のことを知ることができたのは、サトーさんとsnowmanさんのおかげです。ありがとうございます。

アニメ第2期作のストーリーを少し考えてみました。イースレイとルシエラの戦いは原作通りに進むと思います。

アニメでは、生き残った戦士の数が14人(公式サイト参照)で、クレアはラキと再会、原作で生き残った戦士は、それぞれ別行動しているので、北の戦乱から7年後はどうなるのかが気になります。

それと、前回のコメントで書き忘れたことがありました。

大きな間違いに関わっている人物を一人忘れていました。
幼少期のクレアとテレサを襲った盗賊の頭です。

大きな間違いが何なのかが明らかになれば、彼がクレイモアが人を殺してはいけないという掟をなぜ知っていたかも明らかになると考えています。

サトーさん,井坂さん,今晩は。

じつはYouTubeにupされたCLAYMOREの動画に外国語字幕が入っていて外国の方の
コメントが多数あるのを見て「海外のファンって大勢いるんだなァ」などと
思っておりまして、ある日スペイン語圏のサイトでPhantom Blog というとこを
見物しておりますと大陸の地図やら八木先生の写真やらそしてなんと
日本人がネット上でTVアニメCLAYMOREの第2期を制作してもらおうと署名活動を
やっているからみんなで参加しようや、ってことで日本語署名サイトでの署名の
やり方の手順を詳しく記してあるのを発見致しまして大いに感心した次第です。
大海の彼方に同じように本作を愛する人々が数多くいることにとても興味を
感じるとともに願いがかなうことを双子の女神像にお祈りするしだいです。

>井坂さん

アニメはラキとクレアが既に再会してしまってるのが難しいとことですよね。
デネヴやヘレンさんは組織から抜けて(クレアも?)、ミリア姉さんは組織内部を探るんでしたっけ。
原作どおりの7人が集まる状況にするのは難しいですね。特にユマがw

最近、クレイモアを読み直してるんですが…
気がついたことを記事にして挙げようと思います!

コメントありがとうございました!

?snowman??

snowmanさん、こんばんは!毎回コメントありがとうございます!

署名TVに外国の方の署名が多いのはそういうわけだったのですね。
Phantom Blog覗いてみました…が、スペイン語がわからない\(^o^)/
てな訳で外国の方の感想はわかりませんが、彼らの情熱は伝わってきますね!
それはもうビンビンに!
彼らの願い…そして僕たちの願いが日本テレビに届くことを
テレサクレア像に祈りつつ、snowmanさん毎回コメントありがとうございました!

  • 投稿者: ???
  • URL
  • 2010/03/06(土) 04:01:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する