サトー、テガミバチ第八話ヲ観ル

  • 2009/11/22(日) 01:05:01

こんばんは、サトーです。

今週はとくに記事にするほどのネタもなく…
久しぶりに一週間全ての授業に出席してしまったw
ということで、連続でテガミバチ記事での更新になりました。
第八話くらいです。

今週はビー審査試験が終わり、ゴーシュの妹のシルベットの家に行きます。
ラグはゴーシュがビーじゃないといわれて動揺してるらしく元気がないです。
ラグたちがシルベットの家に着くと…



「あ…こらっ!のぼってくるな…」


カエルのおもちゃに釣られてニッチがシルベットにつかまる。



「しつこいわよ、あなたたち!!!いい加減にしないとブッぱなしますよ!!!」


シルベットは一人で暮らしているらしく生活は苦しいみたいです。
このときもラグを借金取りと勘違い。構えてるのはゴーシュの使っていた心弾銃です。
ゴーシュがシルベットにラグのことを話していたらしくラグたちすんなりもてなされました。
しかし、ゴーシュはこの家におらず、ラグには更なる非情な宣告が!!



「お兄ちゃんはアカツキに渡ってすぐ……こころを失い…姿を消してしまったの……」


これはゴーシュがラグをテガミとして配達したときにチラっと語られていて、
心の全てを失くした人間は肉体だけを残して消えてなくなってしまうのです。
まさにゴーシュ自身がそうなってしまったというわけです。
クレイモアで例えるなら戦士が妖気を使いすぎて覚醒してしまうような感じです!!



ちなみに解雇通告書をアリアさんの上着の丈が正常だったころシルベットに届ける描写が追加されていました。
原作では語られていないところでした。
この解雇通告書が届いてから4年半、ゴーシュから連絡なし、情報も一切なし
シルベットはもうゴーシュは死んだと考え、希望を捨ててしまっていました。



「ラグがわすれても、ニッチがラグをわすれないからな。だからずっといっしょだ」

↑のセリフのラグの部分をゴーシュに、ニッチの部分をシルベットにすると…
それが悲しいからシルベットはゴーシュはもう死んだと結論付け希望を捨ててしまった。
それなら自分がゴーシュを探す希望になればいい。
シルベットの希望になればいいっ!
とラグは一人で再びシルベットに会いにいくのであった…!



今週はここまでです。
今日は原作を補完するような描写も追加されたので話はあんまり進まず、
だが、内容は濃い話になりました。来週も楽しみだなー
ちなみに勤労感謝の日の12:45〜13:30にテレ東系で「こころ届けますテガミバチ」という番組があるようです。
まあ、サトーの大学は月曜授業回数が足りないらしく祝日にもかかわらず授業があるんですよね。
おそらく、総集編だろうけど気になりますよねぇ。録画しておこうかナー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

PSP テガミバチ こころ紡ぐ者へ

テガミバチがPSPに登場です

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/09/13(金) 16:51:36

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/13(金) 01:35:57

この記事に対するコメント

毎度レヴューお疲れ様です。

シリアスな展開の中にギャグをちょこちょこ入れるスタイル自分は好きです。
一体ゴーシュはどこへ行ってしまったのか、ラグはシルベットを説得できるのか、ニッチは大きく成れるのかw・・・!?

今は原作補完描写ですが、今後アニメオリジナルストーリーの様なものも出てくるかもしれないのでアニメ組、漫画組両者必見ですね。
個人的には原作に忠実でところどころ補助していくタイプの方が好き・・かもしれません(どっちやねん。

毎度コメントどうもありがとうございます!

テガミバチのギャグ癒されますよねw
アニメは変則的な時間帯のため放送時間が短いらしく、ちょっとペースが遅いですね。
クレイモアを引き合いに出すと8話ではプリシラが覚醒してました。
つまり原作の5巻の内容です。
これからペースアップするんですかね?
ちょっと心配になってきました…
ですので、アニメオリジナルを挿む時間はなさそうですね!
なんにぜよ、原作準拠でいくことは良いことです。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する