ヘレンさん特集始まるよ!

  • 2007/05/31(木) 15:52:39

こんにちは、ヘレンさん大好きサトーです。

CLAYMORE 第9話「斬り裂く者たち?」にて我らがヘレンさんが初登場いたしました!
つきましては、ヘレンさん初登場記念と題しヘレンさん特集をやらせていただきます。

前回のヘレンさん特集は原作だったため白黒でしたが、
今回はアニメ版なのでフルカラーでお届けいたします!




これがヘレンさんです。第一印象は最悪なキャラですが、
後々、ヘレンさんの良さがわかってきます。




「図星で頭に血がのぼったか。みっともねー女だな。」
クレアを挑発するヘレンさん。




「あたしはヘレン。ナンバーは22、異常食欲者狩りの経験はねぇ」
自己紹介をするヘレンさん。




ナンバー47のクレアを馬鹿にして笑うヘレンさん。




なぜ笑っているかわかっていないラキに、ナンバー47の意味を教えるヘレンさん。



野宿する洞穴に到着し、背筋を伸ばすヘレンさん
声が良かったです。




リンゴをかじりながら、クレアとミリア姐さんの手合わせを見つめるヘレンさん。
実はデネヴの分のリンゴも、とってきています。原作では肉でした。




ミリア姐さんが異常食欲者の不意打ちをくらい、流血!
仲間がやられ、一気に顔が険しくなるヘレンさん。




「じょ、冗談いうなよ…。男の…覚醒者だと…」
ありえないはずの男の覚醒者に戸惑うヘレンさん。

9話はここでおしまい。最後は我らがヘレンさんが締めたぜ!
来週はヘレンさんの十八番の「四肢伸縮」見られます。

自販機

  • 2007/05/30(水) 23:41:46

こんばんは、今日のお昼は辛口カレーのサトーです。

今日は大学から帰るときに、中学校の前を通りかかったら中学生の群れが騒いでいた。

なんだなんだ?

不自然に見えないようにチラ見すると、自動販売機の下を漁っていました。

中A「あ、50円はっけ〜ん」

中B「長い棒もってきまーす☆」

中C「あっ!人(サトー)きた!人きた!」

なに、この手口。恐喝グループ並みに秀逸じゃん。

Aが自販機の下の小銭を調べ、Bが棒を探し、Cが見張る。
おまえら、50円とっても一人20円ないぞ?

人きた!と言われたときは、海外旅行の観光客が現地の子供に集団で囲まれて財布をスラれること思い出し、恐怖した。

が、なにもなかった。

というか最近の中学生は金ないんですね。
ケイタイの料金とか自分で払ってる人も多いのかな。

サトーの中学生時代は、ケイタイの料金は親に払ってもらっていたし、
小遣いが、一気に1000円昇給して3000円になり、
3年になるころには5000円もらっていたから、別に金には困っていなかったぜ。

心当たりのある中学生は、二度と自販機の下を漁るのはやめましょう。

親が見たら泣くぜ。


  • 2007/05/30(水) 04:34:32

おはようございます、21時〜22時の間に寝て3時に起きましたサトーです。

楽しみにしていたデスノートとクレイモア(ヘレンさん初登場回のはず)をしっかり見逃す!

ニコニコのうp神に期待


昨日は午前中で終わる日だったから、とっとと家に帰るべく電車に乗ったんだ。
なんだか若いのにスーツを着てる女子がいっぱい乗ってきて幸先良かったんだけど、

となりに巨漢のB系が座ってきた!

さっきまで隣の席一つ空いていて快適だったのに、もう最悪の環境だよ。
超狭いし、ものすごい圧迫感だし、明らかに1、5席とってるだろオマエ。

心の中でB系の巨漢を罵倒しまくっていると、老人夫婦が乗ってきた。
でも、B系巨漢が女子と男子学生(サトー)の間に割って入ってくるほどだから、当然のことながら席は空いていない。

老人夫婦はしかたなく、吊革につかまっていた。
席を譲ろうか、少し考えたが夫婦ということは二席必要だし、隣がこのB系の巨漢じゃなぁ…。超狭いし。

するとB系がいきなり立ち上がり…

B系「座ります?」

こいつ、B系の巨漢で明らかに厚かましそうな顔してるくせに席を譲るとは…。
人は見た目で判断できないっていうのも、わかるような気がする。

とか思っていると、なぜかサトーも立っていた。
そうか、B系がおじいさんに席を譲ったのをみて、負けじとおばあさんに席を譲ったんだ。

なぜ、こんなことが起きたのか。

B系には人の心を読む能力があって、それで先に席を立ったのか、
もしかしたらサトーには自分の思ったことが不自然でないように現実にする能力があるのか、
まったくの偶然なのか、今となって、その真実を知る者はB系のみである。

兄のオススメ

  • 2007/05/28(月) 22:39:44

こんばんは。授業内で行われるテストがやたら多いと思っているサトーです。

最近、兄にDSと逆転裁判を貸したので、兄からグランドセフトオートというゲームを借りた。
兄曰く自由度が高くて面白いらしいけど、なんだかなぁ。つまんないんだよなぁ。

まず、話がよくわからない。そしてキャラに魅力を感じない。自分が操っているキャラの名前すら把握してません。
話の中で、いろいろなミッションに挑戦するのですが、あんまり面白くない。
ヘリコプターのラジコンに爆弾をくっつけてビルを爆破するミッションで詰まりました。時間が足りないし、すぐにラジコンが炎上してしまう。

そして兄がしつこく推してくる自由度ですが、車やバイクを盗んでやたら広い街を走り回ったり、住民を殺したり、警察とカーチェイスしたり、タクシーを盗んで運ちゃんやったり、パトカー盗んで神の裁きを下したり、いろいろ。

自由っちゃ自由だけど、その割にできる範囲が狭いような。金の使い道も武器買うくらいしかないし。

住民を殺しまくって、警察とカーチェイスはちょっと面白かったけどすぐ飽きた。もっと、こうあらゆる犯罪ができるようにしてほしかったな。

例えば…人質をとって立てこもって警察に完全に包囲された状況をいかにして切り抜けるとか、子供を拉致して身代金を要求したり、警官の制服盗んで好き放題やったり…。

だめだ!つまらん。

ヘレンさん

  • 2007/05/27(日) 07:38:30

クレイモアには、いろんな女子が登場しますが、
一番のお気に入りは、ヘレンさんです。



No.22のクレイモア。口調は男のように「〜〜だぜ」「○○ねーよ!」
クレアと同様に半覚醒の状態であり、通常なら妖力解放の限界でなせる「腕の伸縮」を3割程度の妖力解放で操る。
ミリアさんの説明では足も伸ばせるらしいが、見たことない。

以下ヘレンさん特集




組織の中では冷静な戦士が多いが、頬を赤らめ照れるヘレンさん。





覚醒者の攻撃を喰らい苦しむヘレンさん。






てめぇぇ

怒るヘレンさん。





腕を伸ばすヘレンさん。